• 福田幸寛

ブックレビュー AX 伊坂幸太郎




幸せについて、考える。


恐妻家に怯える殺し屋、兜の物語

ありえない設定で繰り広げられる伊坂ワールド


兜の息子、克己から見たら、妻に怯える不幸な結婚生活


しかし、兜から見たら

「仕事」と日常をつなげてくれる妻

息子と自分をつなげてくれた妻


「次も、おふくろと結婚するわけ?」

うなづく必要すら感じなかった。「そしてまたお前が生まれてくる。そうじゃなかったら、つらいな」

「はあ。それでまた、おふくろに怯えた人生を送るってこと?」

私は自然と笑い声を立てている。「まあ、お前からは、俺はそう見えているんだろうな」

「そうとしか見えない」

「ただ」理解されないと分かっていても、言った。「いいことのほうがたくさんあった」


妻に、ゴキゲンでいてもらうために最大限の配慮をすることは

息子から見たら、妻に怯えた人生だったのかもしれない


兜にとっては、そんな日常が「いいこと」だった


「君のお父さんは、君の父親です。ただ、それだけです。」


誰かに認められるために、父親をやっているわけではない。

父親であること、ただそれだけで、もう十分に与えてもらっている。


妻への気遣いにも、

息子に注ぐ愛情にも、

対価なんていらないのだ。


20回の閲覧
  • Twitter
  • YouTube
  • Instagram

©2020 by life story。Wix.com で作成されました。